プログラマ独立後の健康管理

IT関係の仕事というのは、毎日忙しくしている方が多いと思います。
「残業が続いて、疲れが貯まってきている」という方の中には、体調不良を感じている方もいるでしょう。会社に所属し、プログラマとして活躍している方であれば、1日や2日休んでしまっても、誰かがカバーしてくれる環境が整っているでしょう。
休んでしまっても、収入に影響する心配もありませんよね。しかし、独立し、仕事をしていくとなればそうはいきません。プログラマが独立する場合、健康管理に気をつける必要があります。

というのも、会社に所属し、仕事をしているということは、会社にある程度守られているということになります。会社に所属していれば、有給もありますし、他のスタッフがいることで仕事もカバーし合える環境が整っていますよね。
しかし、独立すれば全ての責任は自分にあります。休んでしまえば、仕事が出来なくなり、仕事はストップしてしまいますし、収入もなくなってしまいます。1日、2日で回復出来る状態であれば良いですが、数週間入院などを強いられてしまった場合には、かなりの負担が強いられることになります。

ということは、独立後には今まで以上に健康管理をしっかりと行っていかなければいけないということ。独立後、時間が自由なため、生活リズムが崩れてしまう方も少なくありませんが、やはり規則正しい生活を心がけ、日頃から健康管理を意識した生活をしていくことも必要となります。
働けなくなってしまった時のデメリットを忘れずに、生活を送っていくことが重要となります。
プログラマ独立を行う際には、こういった健康管理も常に意識しておくことが必要。万が一の時のためにも、ある程度の貯えなどは行っておいた方が安心でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です