プログラマ独立後に多いミス

プログラマとして独立した方の中には、「すぐにでも、収入を安定させたい」と考えている方が多いと思います。そのため、単価設定の際に高い料金を設定してしまう方も少なくありません。
当然、これではクライアントに不信感を与えてしまい、新たな仕事が入ってこない状況となってしまうでしょう。時には、この噂が他のクライアントにも伝わり、「ここには、仕事依頼はしない」と思われてしまうこともあります。では、プログラマ独立後に多いミスはどんなものがあるのでしょうか。

まず、独立後に成功させるためには、的確な単価設定が重要となります。
プログラマとしての経験がある方は、「自分のスキルに自信があるから、このくらいは当然だろう」と思い、高い単価設定をしている方もいると思いますが、周りの相場などと比較してみることが大切。相場よりも高い設定額であれば、当然不信感を抱かれてしまいます。

また、プログラマとして独立する方の多くは、プログラマとして知識はあるものの、経営知識がない方も少なくありません。これでは、どんなに高いスキルを持っていても、会社として維持していくことは難しくなってしまいます。独立すれば、当然経理や営業、財務なども自分でこなしていくことが必要となりますから、これらの知識もある程度身に付けていくことが重要。
仕事量が増えると、他のスタッフなどを使うこともあると思いますが、これらの人材確保などでミスをする方も少なくありません。人材を扱うのであれば、コミュニケーション能力や交渉能力も必要ということ。独立しようと考えている方は、当然成功したいと考えていると思います。
成功するためには、こういったミスなどを事前に知っておくことで、対策を練ることが出来るはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です